HOME>イチオシ情報>遺品と相続の問題についてもしっかり知っておこう

相続の問題

ダンボール

遺品整理は、福岡でも専門業者が請け負ってくれます。ハウスクリーニングをはじめ、不用品回収、仏壇仏具の処分などから遺影の供養まで、一切合切を任せることもできます。遺品整理は四十九日を目安に行うことが一般的です。故人の使っていたものを片付けることは大変な労力が必要な上、精神的な負担も大きいものです。家族や兄弟姉妹と協力してあたるのも一般的なやり方になります。遺品整理をすることで心の整理もつくと言われています。とは言え、悲しみの度合いは人によって違います。悲嘆の大きい人がいるなら、心が静まるまで少し待つことも重要です。死後半年を目安に遺品の整理を始めるのが良いでしょう。これは、相続税の申告期限である10ヶ月以内に整理ができる目安になります。

尊重してあげよう

男性

遺品整理は福岡でも、専門事業者が行ってくれるものの、整理をするタイミングで形見分けも行うことも知っておきましょう。中には、弁護士や司法書士などの士業者と連携・提携している事業者もいますから、何かしら相続に関与する内容の形見分けにも安心して取り組めるでしょう。家族、親族のみならず、ごく親しい友人にも分けてあげましょう。しかし、どんなに価値があっても一度は使っているため、譲り受けるのに荷が重く感じるのなら尊重してあげましょう。

広告募集中